胸ふるまとめ速報('ω')ノ

胸が震えたんだ('ω')ノ 【雑談】【名作実話】【創作話】そんなスレをまとめます。 ゆっくりしてってけろ( ^^) _旦~~

    タグ:ドラえもん

    dfa

    1
    :2014/03/20(木) 00:47:31.58 ID:
    のび太「そうかな?…そうだね。久しぶりだね、ドラえもん」

    ドラえもん「まさか一番乗りがのび太くんだとはね、驚いたよ。いつも遅刻していたくせに」

    のび太「小学生のころの話だろ?…やめてくれよ」

    ドラえもん「違うよ、中学生も…高校生も!よく遅刻してたなぁ」

    のび太「そうだっけ?…そういえばそうだったかな。何してるの?」

    ドラえもん「昔の映像を見てるんだよ。…見てみるかい?」

    のび太「うん、見ようか。…どれどれ」

    【【名作】ドラえもん「久しぶりだね、のび太くん」【ss】】の続きを読む

    gas

    1
    :2014/04/05(土) 01:43:27.56 ID:
    しずか「着いたわよ、のび太さん」

    のび太「…ああ、ようやくか。ちょっと、長かった気がするなぁ」

    しずか「大丈夫?…今日はやめておいたら?疲れてるんだろうし」

    のび太「大丈夫だよ。…それに、残された時間は少ないんだから」

    しずか「…そうね。…ああ、懐かしい!やっぱり私達が生まれ育った町は…あんまり変わってないのね」

    のび太「…そう?結構変わってるように思えるけど…?」


    【【名作】のび太「ありがとう、ずっと一緒にいてくれて」【ss】】の続きを読む

    bfa

    1
    :2013/08/30(金) 08:48:21.56 ID:
    数年ぶりに足を踏み入れた野比家は、昔とは違う、どこか余所余所しい匂いがした。

    のびママ「いらっしゃい、しずかちゃん…」

    頭に白いものが目立つようになった彼の母が、力のない声で私を和室へと案内してくれた。
    こうして彼の母と向き合って座ると、私の胸は懐かしさでぎゅっと締め付けられるようだった。
    あの頃の、楽しかった思い出が頭を駆け巡る。
    テレビを見ながら眠ってしまった彼を尻目に、二人でガールズトークに花を咲かせたのもこの和室だ。
    そんな時、彼の母は決まって「息子には内緒ね」と舌を見せながら、隠しておいた高級菓子を私に出してくれたものである。
    彼の母には、一時期とてもよくしてもらっていた。
    【【名作】しずか「私は源しずかという人間が嫌いです」【ss】】の続きを読む

    kk

    1
    :2015/01/24(土) 03:16:17.31 ID:
    最高傑作 パラレル西遊記

    最駄作 創生日記
    4:2015/01/24(土) 03:17:46.23 ID:
    >>1
    死ね
    7:2015/01/24(土) 03:19:04.68 ID:
    >>4
    創生日記は思想がかっていて難解

    正直小学生低学年向けの映画じゃない
    10:2015/01/24(土) 03:19:46.85 ID:
    >>7
    かす
    何が思想だよあほ
    【【雑談】ドラえもんの映画の最高傑作と最駄作】の続きを読む

    cc

    1
    :2016/08/27(土)04:13:57 ID:
    のび太「俺をこんな状態にしやがってヘラヘラと生きてるのが許せないなァ…」ガリッガリッ…
    ドラえもん「のび太くん…顔を?きむしるのは」
    のび太「なぁに気にするなあいつを思い出すと顔が痒くなるんだ…」ガリッガリッ…
    のび太「お、そろそろ筋トレの時間だな」
    ドラえもん「のび太くん昨日もあまり寝れてないんでしょ?」
    のび太「あいつを思い出すと顔が痒くて痒くて痒くて痒くて夜も寝むれないからなァ」
    のび太「じゃあちょっくらジム行ってくるぞ」ガチャッ… バタン…
    ドラえもん「のび太くん…」

    のび太はジャイアンのイジメについに耐えきれなくなって心が病んでしまった
    心が病んだ彼は顔を?きむしる癖がついて左右の頬に3本の縦に入ったでかい傷跡がある
    彼はジャイアンへの強い復讐心を燃やし今日もジムへ通った
    2:2016/08/27(土)04:23:05 ID:

    3:2016/08/27(土)04:23:05 ID:


    【【名作】のび太「剛田武とかいうクソ野郎今は何をしてるのかなァ」ガリッガリッ…【ss】】の続きを読む

    このページのトップヘ